話が一段落すると、基地司令官はいかにもという風に葉巻をふかした。
「……というわけで、君の元には優秀な部下が新たに加わることとなった。これには高度に政治的な問題が絡んでおり、同時に今後の兵器運用に関しての重大なテストでもある。半年間よろしく頼んだぞ。なお一月ごとに運用データの報告を提出するように。詳細は今渡したファイルに書いてある。なにか質問は?」
 司令が座っているごついデスクの前に男が立っている。
 およそ三十歳の少し手前、もう少しすればいい男になるだろうという精悍な表情の青年である。
「はっ。入隊者の写真がないようですが」
「外装というか、人工皮膚の張り替え次第でどんな顔、形にもなれるのでな。写真をとる意味がない。他には?」
「特にありません」
「そうか。それでは下がってよろしい」
 踵を鳴らし、青年はきびきびと敬礼する。
「はっ。了解いたしました、閣下」
 失礼します。と言って部屋をでようとした男に向かって上官が声をかけた。
「欲望に負けんようにな吉村少尉」
 怪訝な顔をしたものの、吉村は再び敬礼すると外に出て行った。
 部屋に一人残った司令官は再び葉巻を手にする。
 すぱすぱと香りを吸い込み、むやみに豪華なガラスの灰皿に押し付けた。
「それでは高価なダッチワイフでないことを祈るとするか」

 手にしたファイルをちらりと見ると、吉村は大きく息を吐いた。
 まだ先ほどの話の内容がにわかには信じられない。
「いったい何のおはなしだったんですか吉村さん?」
 部屋を出るとすぐに部下が声をかけてきた。吉村より少し若い曹長である。
 名を千崎と言い、上官の吉村を尊敬しているのか、いつも周りをちょろちょろしている。
「うちの隊に一人増えることになった」
 ブリーフィングルームに向かいながら吉村が答えた。
「ほんとですか、どんなやつなんです? 男ですか、女ですか、若いですか、年喰ってますか」
「性別ねぇ、難しい問いだな」
「へ?」
 わけのわからない言葉に千崎は思わず間抜けな顔になる。
「それにまだ一才にもなってないんじゃないか」
 吉村はぱらぱらと手にしたファイルをめくると、目当ての項目を探し出したようだ。
「ああ、これだこれ。えっと……生後六ヶ月だな」
「はぁ?」
 軍人にあるまじき気の抜けた声をだした千崎の頭の上にクエスチョンマークが点滅している。
「とにかく、会えばわかるよ。俺もどんなやつだかわからないんだ」
「事前の資料はもらってるんでしょう」
「それはそうだが、なにせこいつを部下に持つのは俺が人類初なんだ」
 とうとう足を止めてしまった部下を置いて、吉村はすたすたと歩いていってしまった。


進む

作品選択へ戻る