急な山道を登り、泥と汗にまみれた隊員たちが宿舎に帰ってきた。
 疲れをごまかすため大声で怒鳴りながら会話する。
「あぁちくしょう! 最近はなんだ? このバカみたいな特別演習の多さは」
「まったくたまらんぜ。三日前に海から帰ってきたばっかりだぞ」
「その前は砂漠だったしな。ここ何ヶ月かは異常だぞ」
「お偉いさんもどうかしてんじゃねぇのか」
「基地司令じきじきらしいからな。わけわかんねぇよ」
「葉巻吸いすぎて脳みそが燻製になってんだよきっと」
「よるな! てめえは竜宮軍曹と違って汗臭いんだよ!」
「うっせぇ! てめえこそ鼻がもげそうだ。軍曹だって人間だぞ! 今は汗臭えよ」
「私も匂いますか?」
「いえ! 竜宮軍曹の汗はフローラルの香りであります」
 隊員たちが笑いの渦につつまれる。
 この数ヶ月の厳しい訓練をともにこなしたことによって、竜宮霧香はすっかり隊に解け込んでいた。
 隊員たちは大声でわめきながら玄関をくぐっていく。
 ちらりと千崎が横にいる霧香を見た。
 目の前で機械である証明がされた今でも、まだ人間に見えてしょうがない。
 しかしまぎれもなく、霧香は戦闘を目的として造られたアンドロイドだった。
 おそらく、ここ数ヶ月の異常な特別演習の数々は、霧香の性能テストを目的に行われているものなのだろう。
 まったく機械に付き合わされる人間はたまったのもじゃない。
 千崎はもう何度目かになる思いを、溜息とともに吐き出した。
「お前ら! だらだらしてるんじゃない。すぐに汚れをおとして食事だ」
 隊長の吉村の檄が飛ぶと、隊員たちはぞろぞろと宿舎に入っていく。
 もちろん霧香もそのまま風呂に向かう。本来はそんな必要はないのだが、カモフラージュとしてである。
 が、突然霧香が立ち止まった。
「これは……」
「どうかしたか」
 横にいた隊員がいぶかしげな視線を向けると、霧香は絶叫した。
「敵です! 警戒をっ!」
「はぁ……?」
 靴を脱ぎかけていた隊員の一人が間抜けな声をだして顔をあげる。
 訓練はもう終わったと言いたげな表情だった。
 しかし、吉村の反応は違う。
「全員っ! すぐさま警戒態勢にはいれっ! 安全装置は解除しろ。これは訓練ではないっ!」
 言いながら、自分もすぐさま銃を構える。
 霧香の突然の叫びには反応の遅れた隊員たちも、隊長の声にはすぐさま従った。
 全員が、疲れきっている体に鞭打ってあたりを油断なく見回す。
 外になにもないのを確認して、慎重に宿舎の外へ出て行く。
「隊長? 誰が襲ってくるんです。俺たちを襲ってもなんにもならんでしょう」
 年かさの隊員のもっともな問いに、吉村は表情を変えずに答える。
「いいか、今から話すことは機密事項だ。断じて口外するなよ」
 吉村が霧香がアンドロイドであることを話し、おそらくそれを狙ったどこかの組織が霧香を狙って襲ってきたのだろうと説明した。
 信じられないといった顔の隊員たちもいたが、真剣な隊長、副隊長そして、霧香を見て黙らざるを得なかった。
「た、隊長もしかしてあれじゃないですか!?」
 一人の隊員が空を指差した。
 遠くのほうに小さな点がぽつぽつ見える。その点はぐんぐんとこちらに近づいてきて、その大きさを増していく。
 点はやがて三台の戦闘機になった。
「全員散れっ!」
 吉村が叫ぶのと同時に、戦闘機からミサイルが発射された。
 轟音が響く。
 隊員たちの荷物ごと宿舎が吹っ飛んでいく。
 そして、どこに潜んでいたのか、大勢の兵士が目の前の山道からぞくぞくと顔を出し始めた。
 とっさに霧香と吉村は木陰に飛び込んだ。
 吉村が様子を窺っていると、霧香がささやく。
「間違いなく狙いは私です。私が囮になりますから隊長たちは脱出を」
「自分から捕まりにいってどうする!」
 吉村の制止を無視して、霧香が潜んでいた木陰から銃を撃ちながら飛び出していった。
「くそっ! ぜんぜん冷静じゃないじゃないか! なにがポーカーフェイスモードだ馬鹿学者がっ!!」
 顔も知らない霧香の産みの親たちをののしると、吉村は仲間を救うべく森の奥へ消えた。


進む
戻る

作品選択へ戻る