「一本っ! それまで! 勝者、大山美冬!」
「押忍っ!」
 審判の判定にたいして、美冬はわきを締め、短く応えた。ショートカットの髪が揺れて、きらきらと汗が零れる。
 一方、直前に見事な上段回し蹴りを側頭部にくらって、まるで棒倒しの棒が倒れるように崩れ落ち、床に倒れこんでいる対戦相手、北条香織のポニーテールはピクリとも動かない。
 すぐさまタンカが用意され、救護係に抱え上げられたとき、自分の頭の上で慌てた声が聞こえ、香織はうっすらと目を開けた。
「だ、大丈夫? 北条さん?」
 同じ道場に通っている吉村信広が心配そうに香織の顔を覗きこんでいる。
 それには応えずに香織は救護係に話しかけた。
「もう、大丈夫です。自分で歩けます」
 固い、感情のこもっていない声でそう言うと、起きあがりロッカールームに向かう。
 ちらりと自分を負かした美冬の様子を窺う。
 試合場を挟んで香織の反対側にいる美冬は、観客席にいた恋人らしき男とハイタッチをかわして満面の笑みを浮かべている。その顔は直前に空手の試合をやっていたとは思えないほど綺麗だ。
 顔中を腫らして、鼻血まで流しているあたしとは大違いだ。香織は力無く笑うと、救護係に渡された脱脂綿を鼻に詰めた。
「あんまり無理しない方がいいよ。か、肩貸そうか?」
 吉村が慌てて駆け寄ってくる。
「いい、ほっといて。それより自分の試合のこと心配しなよ」
 心配する吉村をすげなく袖にすると、香織は全身の痛みに顔をしかめながら足を引き摺るようにして動かした。

 控え室に戻ると、香織は部屋の片隅にある洗面所で顔を洗った。口をすすぐと、吐き出した水は血に染まっていた。
 ふと目の前の鏡を見ると、青いあざがいたるところにできている。とくに右目などは漫画のように大きく腫れあがっている。
 香織はじっと鏡の中の自分を見つめた。というよりも睨みつけたというほうが正しいだろう。
 本人は自覚していないが、人並み以上に美しい顔が無残なことになっている。だが、それでも香織の美貌はまったく損なわれない。なぜなら強い意志の光が瞳に宿り続けているからだ。それは肉体が打ちのめされても変わることなく輝いている。
 「また負けた」
 内心の思いを、ぽつりと呟いたその瞬間、瞳の光りが弱々しく揺らいだ。
 初めて大山美冬と対戦してから今日で三度目。そのどれもが一本負けだった。
「くそっ……なんで、なんで……勝てないんだ」
 出しっぱなしだった水をすくい、もう一度顔を洗う。熱を持った顔に冷えた水が心地良い。しかし、その程度では気持ちは納まらない。
 負けた悔しさではない、勝てない自分に対する不甲斐無さから、目頭が熱くなった。じわじわと瞳を涙が覆ってゆき、それが零れ落ちようとしたとき。
「北条さん? なにもしないままだとまずいから応急手当しようと思って来たんだけど……入っていい?」
 ドアの外から吉村の声が聞こえた。
「ちょっと待って」
 相変わらずの硬質な声で返事をすると、ざぶざぶと乱暴に顔を洗う。
 顔を上げた時には、いつもどおりの強い意思の宿った輝く瞳の香織がそこにいた。先ほどまで泣きそうになっていた人物と同じ人間とは思えない変わりようだった。
 しかし、今、その光の強さはどこか張りつめたものになってしまっている。
 胴着を脱ぎ、下着だけの格好になる香織。さすがにそのままでは不味いと感じたのか、ハーフパンツを履いたもののの、スポーツブラがぴったりフィットしている上半身は控えめな胸の形が露わなままだ。
「入っていいよ」
 部屋に足を踏み入れて、もう着替え終わっているものと思っていた吉村は面食らった。
 贅肉のかけらもない、引き締まったしなやかで魅力的な体が惜しげもなく晒されている。
「う、上……着なくていいの?」
「これ以上着ると手当てしにくいでしょ」
 自分の魅力を理解していないのか、男として見られていないのか。間違い無く後者だと悲しい確信をして、吉村はテーブルに救急箱を置いた。てきぱきと消毒液などをとりだしていく。
「それじゃあ、痛かったらいってね」
 そんなことを言ったものの、吉村は香織の青あざができつつある顔を見て、自分が痛そうに顔をしかめた。
 目立つものからあざを冷やし、冷湿布を貼っていく。
「口開けてもらえる」
 黙ってがぱりと口を大きく開く香織。何箇所か切れて痛々しい傷口を見せている。そこにも眉をよせながら、薬を塗る。
 作業は進むのだが、気まずい沈黙に耐えかねて、吉村は周囲を見まわして会話の種を探そうとした。
「!」
 しかし、その行動は見事なやぶへびに終わった。香織の同世代の女の子よりも小さな胸の頂上。間抜けな男は二つの小さなぽっちを発見してしまった。
 普通のスポーツブラならそんなふうにはならないはずなのだが、不幸にも、いや幸運にもというべきか、香織は海外製のものを使用していた。尊敬する女空手家が同じブランドのものを愛用していたからである。
 見まいとするのだが、ついつい吉村の視線は香織のふくらみをさまよってしまう。
 そして、気をそらせようとして、なにも考えずに口を動かした。
「ざ、残念だったね。負けちゃって」
 吉村は言ってから、しまった! と心の中で絶叫したが声になった言葉を取り消すことはできない。
「あたしのほうが弱かったんだろうね」
 氷のように固く冷たい声が部屋に響いた。
「そ、そうじゃなくて……その、あの。つ、次は勝てるといいね。あんなに練習してるんだからきっと次は勝てるよ」
「今回は勝てなかったけどね」
「だ、大丈夫だって北条さんは空手上手いし」
「下手だったら特待生になれなかったからね」
「えっ……と、あ、あれだ! たまには息抜きとかしてみたら」
「……負けたのに?」
 鋭い目で香織が吉村を睨みつけた。
「あんたみたいに負けてもへらへらしてられるような身分じゃないのよ! こっちは勝てなきゃプレッシャーかけられるのよ学校からも、コーチからも! なんのために金だしてやってるんだって!」
 荒々しく立ちあがり、香織は吉村を見下ろした。
「手当てしてくれる気がないんだったらもういい。帰って練習しないといけないから」
 手早く荷物をまとめ、ジャージを羽織ると香織は部屋を出て行ってしまった。
 あとには消えて無くなってしまいたいと悔やむ吉村が消毒液を持って残された。


進む

作品選択へ戻る