みっしりと詰まった香織の秘部は、自分のものを引き抜くのにも力がいるほどに、吉村を咥えこんで離そうとしない。
 たっぷり時間をかけて一往復を終えると、香織は放心したようにぽっかりと口を開けていた。
 本人の意思とは関係なく、ひくひくとうごめく内壁が、香織の感じている快楽の度合いをあらわすように激しくうねって、更なる動きを求めている。
 それに応えて吉村は抽挿を繰り返した。
 はじめはぎこちなかった動きも回を重ねるごとに慣れたものになっていく。
 肉棒が突き入れられると、そのぶんの愛液があふれ、シーツを汚した。
 ぐちゅぐちゅと粘膜が絡まりあい、二人は初めての行為に没頭していた。
「はぁっ、くぅぅん。よひむらぁ、すごひよぉ……あそこが、あそこがぁ」
 すすり泣くようにして押し寄せる快感の波に耐えながら、香織が吉村の背に回した手に更なる力をこめた。
「北条さん、僕も気持ちいいよ」
 好きな女を思うままにしているという満足感が、吉村の行動を加速させていく。
 今まで以上に激しく、香織の奥まで侵入する。
 体の一番奥を突かれ、思わずのけぞった香織が、恋人の背中に爪をたてる。
「ひぁぁっ! あぁ……んぁっ、こわひよぉ、おかしくなるぅ……」
 吉村の体にしがみつくようにまわされていた足が、香織の自由にならなくなり、伸ばされる。ぴんと伸びた爪先が痙攣するように揺れた。
 それでも、嬌声をあげるのを恥ずかしがっているのか、大声を出すことはせず、ひたすらに堪えている。
 一方の吉村は限界に近づいていた。
 ただでさえ狭かった香織の中が、きゅうきゅうと締まりだしていたからだ。
 吉村がピストンに慣れだしたように、香織の媚肉も男を受け入れることに慣れだしたのだろう。今まで以上に妖しくうごめき、吉村を責めたてた。
「あぁーっ! だめ、だめ……もうらめぇっ!」
 とうとう我慢できずに、香織が嬌声をあげた。
 と、同時に吉村も限界を向かえた。初めてにしては十分以上に耐えたと言っていいだろう。
 慌てて己のものを引き抜こうと身を引く。
 しかし、なにを勘違いしたのか香織が吉村にしがみついて離そうとしない。
「らめぇ、はなれなひでぇ……怖いよぉ」
「っ! 北条さんっ!」
 恋人の名を呼ぶと、吉村のペニスがびくびくと痙攣した。
 亀頭が膨らんだかと思うと、勢いよくどろどろの濃い精液を放出する。
 もはや声もでない香織がのけぞり、秘所が最後の一滴まで搾り取ろうと肉棒を締め上げた。
 香織は一つにつながったまま、気を失い、ぐったりとベッドに沈み込んだ。
 主の意識がなくなってからも、淫部はぴくぴくと動き、最後まで吉村に尽くそうとしている。
 力を失った己のものを抜き取ると、荒い息をつきながら、吉村は香織を見下ろした。
 自分以上に荒い息遣いでいるが、その顔は幸せそうに安らいでいる。
「はぁー」
 大きく息を吐くと、吉村は二人とも汗だくなのに気づいた。
 タオルを取ってこようとベッドを降りかけた吉村だったが、ふと思いついて再び香織に覆いかぶさった。
 そのまま香織の汗を舌ですくい、舐めだしたのだ。
 首もとをぺろぺろやっていると、くすぐったいのか、口元をほころばせて香織が身じろぎする。
 それを面白がって舌を動かしているうちに、香織が目を覚ました。
 初めのうちはぼんやりとしたままで、状況がわかっていない様子だったが、しだいに意識がはっきりしだしたのだろう。自分の体を嘗め回している吉村に気づいた。
「なにをしている」
 まだ本来の調子をとりもどしていないのか、どこか間抜けな質問だった。
「汗を拭き取ってるんだ」
「舌でか」
「うん」
 こっくりと吉村がうなずいた。
 ここでようやく覚醒しきったのだろう。
 素早く飛びのくと、布団で体を覆い隠した。
「へっ、変態!」
「普通の恋人どうしならみんなやって……」
「それは絶対嘘だっ!」
「ばれた?」
「当たり前だっ」
「でも、体はなんとかしないと。とりあえず……シャワーでも浴びる?」
 香織の強固な主張により、二人は別々にシャワーを浴びた。
 風呂場まで服を抱えて走る香織の揺れるお尻を見て、飛び掛るのを我慢したり、シャワーを浴びながら、背中の引っかき傷の痛みににやにやしながら耐えていたのは吉村だけの秘密である。
 照れくさいような、嬉しいような。恥ずかしいような、どきどきするような。不思議な心地で二人は部屋に戻った。
 しばらくの沈黙のあと、吉村が口を開いた。
「えっと……モデルの続きしてもらっていいかな」
 途端に香織の顔が真っ赤に染まった。
 先ほどまでの行為のきっかけとなったことを思い出したのだ。
 あたふたとしている香織を見て、吉村が苦笑する。
「大丈夫。今度はきちんと服をきてもらうから」
 それを聞いて、今度は香織が苦笑した。
 それから一時間。様々なポーズの香織を吉村がスケッチブックに写し取っていった。
「どうかな、これなんかいい感じに描けてると思うんだけど」
 吉村が香織でいっぱいのスケッチブックを開いた。
 香織がそれを見て溜息をつく。
「やっぱりあたしじゃないみたい」
「その、僕が言うのもなんだけど……北条さんってもっと自分に自身を持っていいと思うよ。すごく綺麗だし」
「なに言ってるんだ」
 ばしばしと吉村の背中を香りが叩く。
「ぐっ、いや、本当に、モデルがいいから僕の絵も上手く見えるんだ。それに……」
 そこで言葉をきると、吉村は意を決したように再び話しだした。
「それに、やっぱり好きなことを一生懸命やってる人はすごいと思う。だから、その、つらいときもあると思うけど、僕に手伝えることがあるならなんでもするから、あんまり自分を嫌いにならないで欲しい」
 言い終えると吉村は香織の様子をそっと窺った。
 香織はしばらく黙っていたが、ゆっくりとうなずき、かすかに笑った。
「北条さん!」
「本当にありがとう。心配してくれて。うん、あたしはもう大丈夫だと思うよ。なんだか吹っ切れた。吉村の言うとおり、好きでやってる空手なんだ。吉村見ててそれを思い出した」
「僕を?」
「吉村が絵の話するときとか、描いてるときとかに、楽しそうだったり、嬉しそうだったりするの見てて、なんか最初に空手始めたときの気持ちを思い出した気がする。空手習い始めたときはそんな周りの期待とか、プレッシャーなんかぜんぜん感じてなくて、ただ自分が好きで楽しかったからやってたんだと思うと、今の自分がバカらしくなってさ。吉村が言ったみたいに、あたしには休憩が必要だったんだなと思う。今だからそう思えるんだろうけど。いい息抜きになったよ。それに……その、空手以外の楽しみも見つけられそうだし」
 香織は言い終えるとはにかむように笑った。

 それから三日後。香織は引き止める吉村をむりやり引きずって、前回の試合で負けた大山美冬の通う学校をたずねた。
 なかば道場破りのようなかたちで訪れた香織の頼みを美冬は快く受け入れ、二人は試合をすることになった。
 結果は引き分け。勝てはしなかったが、香織にとって満足のいく試合だった。
 芯が太くなった感じがする。とは対戦後の美冬の言葉である。

 その後、密かにファンの多かった香織を奪ったとして吉村が多くの男子生徒と少数の女生徒に恨まれたり。文化祭に出品された香織をモデルとして描いた吉村の絵が、うっすらと情事の後をイメージさせるとして学校で問題になったり。当日になってそのことを知った香織が吉村に上段回し蹴りをきめたり。
 色々あったがそれはまた別の話である。


戻る

作品選択へ戻る