ここんとこずっと、あたしは早起きしている。
 別に遅刻しないためじゃない。
 桐野と一緒に学校に行くために早起きしてるんだ。文句あっか。
 当然、あたしはただ並んで学校に行くだけのつもりはない。
 その……な、こう、なんつーか……手をつないで学校にいきたいのだ。
 だから今週はずっと早起きしてる。
 この土手を通って桐野は学校に行ってるから、あたしはその途中、川原のほうに降りるための階段に座って、あいつが来るのをここで待ち伏せしている。
 朝だっつーのに、ぼんやりと階段に座り込んでいるあたしをじろじろと見るやつもいるが、そんなやつは睨み返せば一発だ。
 ぼーっと流れる川を眺めながら、桐野を待つ。
 だんだんウチの学校の制服のやつらが多くなってくる頃に、だいたい桐野は現れる。
 ここ二、三日でわかった。
 あたしは待ってたのがばれないように、慌てて腰を上げると、歩き出した。といっても、桐野に追いつかれなければいけないから、できるだけゆっくり、だけど不自然にならないようにだ。
 こんなあたしの苦労を桐野はまったく知らねぇに違いない。
 女はツレーよ。
 時々、後ろを振り返って様子を窺うと、ちゃくちゃくとあたしと桐野の距離が縮まっている。
 もうすぐだ。
 あたしの心臓の音がだんだんでかくなってくる。
 桐野の足音だけがよく聞こえるのも不思議だ。
 あたしの緊張も知らずに、桐野があたしの横に並んで、そのまま通り過ぎようとした。
 小さく深呼吸して、
「お、おう。桐野じゃねぇか。ぐ、偶然だなっ」
 また、噛んじまった。ちくしょう。何回目になっても最初の一声は緊張する。
 あたしが呼びかけると、桐野が軽く振り向いた。
 なんだかあたしの顔を見て微笑んだような気がしたのは気のせいか? 夢見る乙女なんかになったつもりはねえけど。
「ほんとに偶然だ、喜多さん。四日連続はすごいな」
「そっ、そうだな!」
 偶然のフリをするのにあたしがどれだけ苦労しているかもしらねーで、のんきなことを言っている。
 けど、もし毎朝あたしが待ってるなんてことがバレでもしたら、コイツはけっこう意地悪なとこがあるから、どうなるかわからない。
 ほんとはばらしてでも、桐野の家から一緒に行きたいけどしょうがない。
 それはあきらめるとしても、今日で木曜日、四日目だ。いい加減に手を……つっ、つなぎたい。
 月曜から水曜までなにしてたんだっつわれても、こっちにも色々心の準備があんだよ!
 き、桐野には、その、なんだ。いろ……いろされてっから、あいつに触ろうとすると緊張すんだよ! ちくしょう!
 だめだ! あたしは誰としゃべってんだよ。手つなぐぐらい楽勝だろうがよ!
 あたしも女だ。根性決めてやる。
 確か昨日も同じような決心をしたんだっけな。
 昨日は惜しかったんだ。
 昨日の朝、世間話をしながら、桐野の手を見ていたあたしは、桐野の手がかばんを持ち替えたのを見て、今しかないと気合を入れたのだ。

「……で、そのだ、なんていうか、きっ、桐野はあたしと手を、つ、つないだりはしたくないのか? いや! 別にあたしがつなぎたいとかそういうんじゃねぇんだけどさ」
 だめだぁー!
 あたしは頭を抱えて振り回したくなった。
 全然はなしになんねぇー!
「手?」
 きょとんとした顔で桐野が聞いてくる。
 なんか呆れられてる気がする。そりゃ自分で言ってても、途中で訳わかんなくなってるから、聞いてる桐野が訳わかんなくなるのもあたりまえか。
 しかし、あせるあたしの唇は、心とは関係なく、でたらめばかり口走る。
「ち、違うぞ! 別にあたしはつなぎたいとか言ってないからな」
 反対だって。ほんとは手つなぎたいんだけど、こうなったら手遅れだ。
 諦めと疲れから、あたしはもう桐野を見ることもできなかった。
 そうすると、なんだか桐野の手があたしに触れたのだ。
 ちょっと手を、指を動かせば、桐野の指と絡まりそうなぐらいに。手をつなげそうなくらいに。
 あたしはあまりのチャンスに驚きすぎて、固まってしまい指を動かせなかった。
 その後も何度か同じようなチャンスがあったけど、そのたびに緊張してだめだった。
 結局、昨日は緊張しすぎて、学校に行くだけでへとへとになっちまった。

 今日こそ!
 誰かも言ってたけど、昨日より今日だ! 今日繋げればなんの文句もない。
 あたしが昨日のことを思い出して、同じミスをしないように考えていると、桐野が声をかけてきた。
 なんだかうきうきして嬉しそうな声のような気がする。
 桐野が楽しそうだと、なんだかあたしも嬉しい。
「ねぇ、喜多さん」
「なんだよ」
「昨日さあ、喜多さんが言ってたことなんだけど」
「あたしなんか言ったか?」
 桐野と話したことはたいてー覚えてるはずだけどな。
「僕が喜多さんと手つなぎたくないかってことなんだけど」
 びりっとあたしの背中に電気が走る。
「あ、あれか。念のためもう一回言っとくけど、べ、別にあたしがつなぎたいってわけじゃないからな。桐野が……」
 ち、違う! そうじゃなくて、繋ぎたいのに口が勝手に!
「言われて考えたんだけど、つなぎたい」
 だから、あたしはほんとはつなぎたいんだ。けど、けど、ちくしょ! こんな自分に腹がたつ……?
「へ?」
 なんだか今すごいことを言われた気がする。
「手」
「……手……?」
 あたしは桐野の言葉をそのまま繰り返した。
「喜多さんと手つなぎたいんだけど嫌か?」
「お、お前がつなぎたいなら、い、い、いいけど。……ほらよ」
 心の中で大歓声をあげながら、あくまで渋々という感じで手を差し出す。
 あたしの指先に桐野の指が触れ、絡まった。
 掌から伝わってくる桐野のぬくもりがあたしの胸の奥にまで伝わってくる気がする。
 頬が緩みそうになるのをぐっとこらえて、あくまで普段と変わりない顔をする。
「こういうのってけっこういいもんだな」
 けっこうどころじゃない! すげぇ! ものすげえいいもんだ!
 そう思っていても、素直にそれを伝えられない。
「そ、そうだな」
 気乗りしていないような言葉しかでないのが情けない。

進む

作品選択へ戻る