まだ九月に入ったばかりなので、まだまだ夏はそこいら中に残っている。朝だというのに、足を動かせばじっとりと汗がにじむ。
 僕はいつものように、川沿いの土手を通って登校していた。
 むせ返るような緑の香りも後わずかかと思うと、名残惜しく感じられる。といってもこの暑さだけは早いところなんとかなって欲しいものだが。
 ぼんやりとあたりを眺めながら歩いていると、土手にある階段に、人が座っているのが見えた。
 僕はそれが誰なのかを確認すると苦笑の混じったため息をついた。いや、本当は誰かを確認する必要なんてなかった。
 なにせ同じことが週明けの月曜日から、今日木曜日まで毎日続いているのだから。
 相手も僕に気づいたのだろう。慌てた様子で立ち上がり、どんなドン亀にさえ勝ちを譲りそうな速さでとろとろ歩き始めた。
 その止まっているのか動いているのかわからないようなスピードと、平均的男子高校生の歩行スピード。小学校高学年的算数の結果、僕と相手の距離はあっという間に縮まっていく。
 僕がその人物に追いつき、追い越そうとしたときだった。
「お、おう。桐野じゃねぇか。ぐ、偶然だなっ」
 ぎこちなく声をかけられた。
 相手は誰か? 喜多だ。  僕は内心で拍手喝采した。
 本当に偶然だ。
 確かに月曜日にはそう思った。
 火曜日。なんだかおかしいなと思いながらも、やはりたまたまだと思った。
 水曜日。土手の階段に座り込んでいる喜多を見た僕は、額に手をやった。そうして、喜多が僕に気づいてのろのろと歩き出し、僕に追いつかれるのを待って、月・火曜日と同じセリフを言うのを聞いて、こっそりとため息をついた。
 そして今日。僕は四回目になるその言葉を、必死に笑いをこらえながら聞いた。
「ほんとに偶然だ、喜多さん。四日連続はすごいな」
「そっ、そうだな!」
 喜多自身は僕が本当に偶然だと信じていると思っているのだろうか。
 まさか、そんなことはないと思うが、彼女のある種の純朴さはなかなか信じがたいものがあるからわからない。
 喜多はただ僕を待ち伏せて、一緒に登校したいだけというわけでもなかった。
 彼女は僕の手に興味があったのだ。
 といっても別にモナリザの手を見て勃起するような手合いとは違う。
 彼女は僕と手を繋ぎたかったらしい。
 それがわかったのは昨日、水曜日だ。
 喜多は僕と一緒に歩いていると、僕の周りをまるで衛星のようにぐるぐる回った。
 最初は落ち着きのない女だと思っていたが、少しすると動きに法則があることに気づいた。
 彼女が僕の周りを動くのは――正確に言うと僕の左右どちら側に回って歩くかは――僕がカバンを持つ手を換えるたびだということがわかったからだ。
 それでも、なぜそんなことをきっかけにうろうろするのかわからないでいると、僕は第二のヒントに気づいた。
 喜多は僕としゃべりながら、ちらちらと僕の手を見ていた。そして、そのたびにため息をついて、自分の手を閉じたり開いたりしていた。
 これだけ手がかりがあれば、さすがに鈍感な僕にもわかる。
 なんと可愛らしいのだろう。
 気づいたとき、僕の頬は不覚にも緩んでしまった。鼻の下も伸びていたかもしれない。さぞかし、しまりのない顔をしていたことだろう。広尾あたりに見られなくてよかった。
「……で、そのだ、なんていうか、きっ、桐野はあたしと手を、つ、つないだりはしたくないのか? いや! 別にあたしが繋ぎたいとかそういうんじゃねぇんだけどさ」
 僕がぼんやりと物思いにふけっている間に、喜多はついに強行手段にでたらしかった。
 しかし、残念ながらその精一杯の強行手段は失敗に終わった。というか、真っ赤になりながら、自分で否定していれば世話はない。
「手?」
 一人遊びでがっかりしている喜多に僕は問いかけた。
「ち、違うぞ! 別にあたしはつなぎたいとか言ってないからな」
 言ってるも同然だ。
 僕は内心あきれながら、とうとうそっぽを向いてしまった喜多の横顔を見つめた。わざとらしく口笛を吹いている。なんだかなぁ。
 しかし、この可愛らしい僕の奴隷は、どうしてこう僕の加虐心を煽るのか。
 この日、僕は喜多の手を握るようなそぶりを繰り返しては、彼女の反応を楽しんだ。
 僕が手を伸ばすと、彼女の動きはとたんにぎくしゃくして、ばね仕掛けのおもちゃのような動きになった。
 会話も上の空になり、ただ僕の手を気にするのが精一杯という有様だ。
 もし手の甲が触れ合おうものなら、もう彼女の顔は真っ赤になる。
 いまさらそれぐらいで照れるような仲ではないだろうに。
 そして今日――。 
 もはや恒例となった会話の後で、僕は考えた。
 ここらで御主人様としてご褒美をあげないとな。
 あんまり焦らしすぎるのもよくない。
「ねぇ、喜多さん」
「なんだよ」
「昨日さあ、喜多さんが言ってたことなんだけど」
「あたしなんか言ったか?」
「僕が喜多さんと手つなぎたくないかってことなんだけど」
「あ、あれか。念のためもう一回言っとくけど、べ、別にあたしがつなぎたいってわけじゃないからな。桐野が……」
 こういう見栄っ張りなところが、喜多の可愛いところだと思ってしまう僕は、だいぶ病んでいるのだろうか。
 僕は彼女の言葉に割り込んだ。
「言われて考えたんだけど、つなぎたい」
「へ?」
「手」
「……手……?」
「喜多さんと手つなぎたいんだけど嫌か?」
「お、お前がつなぎたいなら、い、い、いいけど。……ほらよ」
 喜多が不器用に手を差し出す。
 相変わらずぶっきらぼうな反応だ。
 しかし、口調とは裏腹に、表情は嬉しさをこらえきれないでいるのがよくわかる。きっと尻尾があればちぎれんばかりに振りまくっているに違いない。
 僕は脳内メモに、そのうち喜多に尻尾をつけてやる。ということをしっかり記した。
 にやにや笑いを必死でかみ殺しながら、僕はそっと彼女の手をとる。
 喧嘩慣れしているはずのその手は、柔らかく、少し汗ばんでいた。
 僕が彼女の手を握ると、ぴくりと緊張が走るのがわかった。
「こういうのってけっこういいもんだな」
「そ、そうだな」
「そういえばこの前のことなんだけど……」
「なんだよ」
「……喜多さん。なんていうか」
「おう」
「単語じゃなくて文章でしゃべって欲しいんだけど」
 会話というものは言葉のキャッチボールのはずだ。けれど、今の僕はなんだか壁当てでもしているみたいだ。
 これはこれで楽しいが。
 僕も性格悪いな。
 僕の言葉に悩んだ末に、喜多の選んだ話題は素晴らしかった。
「……きょ、今日もいい天気だな」
 ついに僕の中のダムが決壊した。
「くっ……はははははは。いや、ほんとに、はははは、いい天気だ」
「そ、そんなに笑うことないだろ!」
「いや、だって、いい天気だって、いや、確かにそうだけど、あはははは」
「わ、笑うなっつってんだろ!」
「くっ、くく……いや、ごめん。じゃあ天気の話はやめよう」
「わかればいいんだよ。わかれば」
「でもさ、なんていうか……喜多さんって見た目より可愛いよな」
「可愛い? あたしが?」
「うん」
「ふざけたこと言ってんじゃねえぞ!」
 からかわれたとでも思ったのか、喜多の目がつりあがる。
「いや、本心からなんだけど」
「これ以上言ったらぶっ殺すぞ!」
「喜多さんと話せることがどんどん減ってくなあ」
「そんなくだらねぇことだったら減っていいんだよ」
 周りから見れば、僕達はただのバカップルにしか見えないかもしれない。
 そんな幸せな二人の目の前に立ちふさがる者が現れた。


進む

作品選択へ戻る