「お、おう。桐野じゃねぇか。ぐ、偶然だなっ」
「ほんとに偶然だ、喜多さん。四日連続はすごいな」
「そっ、そうだな!」
 今日もかよ。
 俺はうんざりした気持ちで、今週に入ってから毎朝繰り広げられるミニコントを眺めた。
 俺は広尾宗利。
 目の前でミニコントをやっている二人組みのうちの男のほう、桐野とは幼馴染で、女のほうの喜多とはクラスメートだ。
 自分で言うのもなんだが、俺はかなりもてる。金持ちだし、顔もいい、スポーツもできる、頭だって悪くないとくればそうなるのも仕方ない。
 そんな俺が、ここ最近、目の前の二人に胸にラブラブぶりを見せつけられながら登校するはめになっている。
 本来なら俺は見せ付ける側のはずだ。
 桐野の位置に俺がいるほうが正しいのに、なぜ俺でなく桐野なのか。
 俺と桐野はよくつるんでいる。
 つまり、他人の視界に入るときは二人そろってが多いということだ。
 なのに、なぜあの喜多は俺でなく桐野を選んだのか。
 それがわからない。
 普通、桐野と俺なら俺を選ぶだろうに。
 ……。
 そうか! 謎はすべて解けた。
 俺があまりにカッコ良すぎるから、遠慮して近づきがたいんだ。高貴な方には下々のものは近づき難いものだからな。
 くそっ。すべてに恵まれすぎるのもいいことばかりじゃねーな。
 いや、待てよ。
 それは考えすぎかもしれない。
 俺が完璧すぎるからといって、少しでも可能性があればダメもとで挑戦するだろう。
 それだけの価値が俺にはあるはずだ。
 ということは……。
 なにか俺の知らないコツのようなもんがあるんだ。きっと。
 あの手の女の子をおとすコツが。
 それ以外に桐野が喜多をおとせるわけがない。
 あんななに考えてるかわからんようなヤツに女が惚れるわけがない。
 俺が灰色の脳細胞によって完璧な解答を導き出した頃、バカップルどもは、まだくだらないおしゃべりを続けていた。
 幸せで脳汁が出まくりの二人はすぐ後ろにいる俺に気づきもしない。
 きっと今の二人にはお互い以外は背景にしか見えないのだろう。
「ねぇ、喜多さん」
「なんだよ」
「昨日さあ、喜多さんが言ってたことなんだけど」
「あたしなんか言ったか?」
「僕が喜多さんと手つなぎたくないかってことなんだけど」
「あ、あれか。念のためもう一回言っとくけど、べ、別にあたしがつなぎたいってわけじゃないからな。桐野が……」
「言われて考えたんだけど、つなぎたい」
「へ?」
 喜多が間抜けな声を出した。
 あんな喜多を見たのは初めてかもしれない。
 いつもは怖そうにギッと張り詰めてるかんな。
「手」
「……手……?」
「喜多さんと手つなぎたいんだけど嫌か?」
「お、お前がつなぎたいなら、い、い、いいけど。……ほらよ」
 喜多が手を差し出すのが見えた。
 手ぐらい普通につなげよ。
 あんなもん流れでつなぐもんだろうがよ!
 まどろっこしいやりとりに俺がいらいらしていると、桐野がわけのわからないことを言い出した。
「こういうのってけっこういいもんだな」
「そ、そうだな」
 喜多! お前もそうだなじゃねー!
 手ぐらいで眠たいこと言うなっ!
 そんなんじゃセックスなんて夢のまた夢だろうが!
 あいつら絶対処女に童貞だ。
 あんな調子じゃ初体験までどれだけかかるんだ。
 考えただけで頭がくらくらするぞ。
「そういえばこの前のことなんだけど……」
「なんだよ」
「……喜多さん。なんていうか」
「おう」
「単語じゃなくて文章でしゃべって欲しいんだけど」
「……きょ、今日もいい天気だな」
「くっ……はははははは。いや、ほんとに、はははは、いい天気だ」
「そ、そんなに笑うことないだろ!」
「いや、だって、いい天気だって、いや、確かにそうだけど、あはははは」
「わ、笑うなっつってんだろ!」
 桐野! 爆笑してんじゃねー!
 天気の話なんかぜんぜんおもしろくねーんだよ。
 後ろで聞いてる俺にも楽しめるトークにしろ。
 血管が切れそうだ。

進む

作品選択へ戻る