僕は喜多の手首を掴み、彼女のおなかの上にまたがった。
「うわっ、てめ、いきなりなにすんだよっ」
 当然、喜多は暴れて抵抗するが、やはり男と女では力が違う。その上、非常に不利な体勢である。喜多がどれだけ喧嘩慣れしていようと関係ない。
 もがくものの、僕をどかすことはできなかった。
「おい、こら。なんのつもりだ桐野」
 ドスの効いた低い声で、喜多が僕を問いただす。
「しつけだよ。好きな人に対する態度ってものがあるだろ」
「あぁん?」
「ほら、それだよ。そういうときはハイでしょ」
「てめぇ……」
 喜多の目が細められ、視線が僕を突き刺した。
「僕だってそんな態度でこられちゃ好きなものも好きって言えないじゃないか」
「え……? じゃ、じゃあお前もあたしのこと」
「それは今後の態度しだいかな」
「ど、どうすりゃいいんだよ」
 喜多が僕のことを好きだというのはどうやら本当らしい。
 実は僕は今までそれを疑っていた。
 しかし、こんなことをされているにも関わらず、こちらの好意を匂わせただけで、こうまで態度がかわると信じざるをえない。
 僕だって青春の真っ只中にいる健全な男子であるから、当然彼女は欲しい。
 それが美人ならなおさらである。ただ、かなりのじゃじゃ馬であるということが問題ではあるけれど。
「そうだな……まずはおしおきだな」
 僕は手近にあった紐を拾い上げた。本を纏めるために使われていたものだ。
 喜多が事態についてくる前に、僕は手早く作業を始めた。
 まず喜多の両手を縛り上げ、次いで両足を縛る。
 これで身動きがとれなくなった。できて這い回る程度だ。
 僕が立ち上がり、喜多を見下ろすと、さすがに不安になったのだろう。
「お、おい。なにする気なんだよ」
「おしおきといえば決まってるだろ。お尻ペンペンだよ」
 おもむろに喜多抱え上げると、椅子に座り、ひざの上に喜多をのせた。
「おいコラてめぇ、馬鹿なことしてんじゃねぇぞ! 後で絶対コロスからな!」
 喜多は身をよじるようにして脱出しようとするが、僕に抑えられているのでどうにもならない。
 わめき声を無視して、僕は手を高く振り上げた。
「ちょっと待てって、今なら許してやるから」
 すぱぁん。
 小気味良い音が図書室に響いた。
「つぅ……コロス。絶対殺すからな」
「ぜんぜん反省してないな」
 僕は続けて二度、三度と喜多のお尻に手を振り下ろした。
「おい桐野、やめろっつってんだろっ」
 しかし、喜多は大して痛がるそぶりも見せずに、元気にもがきまわる。
 そこで僕は気づいた。
 そりゃスカート越しならそんなに痛くもないか。
 僕の手が止まったのを勘違いしたのか。
「よし。今なら半殺しで許してやる。早くあたしを降ろせ」
 これだ。まるで反省の色がない。
「本当は僕だって嫌なんだけど、これも喜多さんのためだから」
 するすると手をスカートのホックにやる。
 ようやく僕の意図を察したのか、喜多がこれまで以上にじたばたもがきだす。
「おいっ! こらっ! なにする気だこの変態」
 跳ね回る脚がスカートに引っかかって脱がしにくかったが、それでも僕はやり終えた。
「……意外だ」
「なっ、なにがだよっ!」
「こんなに可愛らしいのはいてるとは思わなかった」
 喜多の下着は可愛らしいレースのついた純白のものだった。
 なんだかイメージにはそぐわない。
 僕が感慨にふけっていると、喜多は恥ずかしさと怒りのせいだろうか、耳まで真っ赤になっていた。
「コロス! 絶対コロス」
「はぁー。まだ反省が足りないみたいだな」
 僕はやれやれとばかりに肩をすくめた。
 ぱちぃん。
 先ほどよりも透き通った気持ちのよい音がして、ぷるぷると白いお尻が揺れる。
「っっつぅ……コロス」
 歯を食いしばりながら喜多がうめいた。
 やはり遮るものがなくなったからだろうか。ダメージは大きいようだ。
「あれ? まだそんな口をきくんだ」
「え? ちょっ、待てっ!」
 喜多の制止を無視して、僕は続けて二度、三度と手を振り落ろした。
「ちくしょぉ……」
 肉体的な痛みよりも、精神的な屈辱感がつよいのか、喜多はうっすらと涙目になっている。
 それを見た僕は少しかわいそうになってきた。
 第一、僕のことを好きと言ってくれているのだ。
「大丈夫? ごめん、ついやりすぎたかもしれない」
 急に態度を軟化させた僕を、喜多は眉を寄せていぶかしむ。
「こ、今度はあたしをどうするつもりなんだよ」
 普段強気な彼女がおびえた様子でいるのは妙な興奮を僕に与えた。
 もっと彼女をいじめたいと思ってしまったのだ。
 だが、口から出る言葉はまるで違う。
「僕は喜多さんをいじめたいんじゃないよ。僕もこんなことするのは嫌なんだけど、好きな人を少しでもまっとうにしてあげたいんだ」
 いじらしいことに喜多は好きな人の部分でぴくりと体を反応させた。
「や、やりかたがあるだろっ! あたしを放せっ!」
「ほら、その態度。それが改まるまではやめられないな」
 僕はきゅっと尻たぶをつねった。
「痛っ!」
 限界まで白いお尻をつねり上げると、ぱっと離す。
 真っ赤になっている部分を優しくなでた。
「大きいからつねりがいあるね。えっとこういうのなんていうんだっけ……ああ、安産型だ」
「うっせぇっ! 余計なこというなっ。コロスぞ」
「すぐ殺す、殺すって。そんな言葉遣いはよくないな」
 僕はまたお尻に触れた。
「ひっ」
 それだけで喜多は小さく悲鳴を上げる。
 そのときだ。
 僕はふと自分の太もものあたりが生暖かいことに気づいた。
 ちょうど喜多の腰を乗せているあたりだ。
 はじめは体温が伝わっているのかと思ったがどうも違う。
 湿っぽいのだ。
 まさか! おもらし!?
 だが、落ち着いて観察してみるとどうも様子が違う。
 もしそうだとすれば、さすがに喜多のほうにもなにか変化があるだろう。
「じゃあなんだ?」
「なにがだよ」
 知らずに声が出ていたらしい。喜多が尋ねてきた。
「いや……このあたりがなんか濡れてるみたいで」
「うわっ、ばかっ! どこに触ろうとしてんだよっ! こ、こういうことはもう少しあとでだ、お互いの気持ちを確認して、もっとよく知り合ってから……」
 僕が自分の太ももに手をやると喜多がこれまでで一番激しく暴れだした。
 なにやってるんだよ。と言いかけて、僕はようやく気づいた。
 我ながら危ないところだった。
 僕のひざの上に乗っているのは喜多の腰、つまり股間だったのだ。
 となると、やはりおもらし……か?
 僕が考え込んだまま動きを止めていると、跳ね回る喜多のせいで、勝手に喜多の太ももの付け根に指が触れてしまった。
 自己弁護になってしまうが、決して触ろうとしたわけではない。本当に。
「ぅあっ! さ、触られたっ! 変態! 痴漢! 絶対コロス!」
 めちゃくちゃ言う喜多をほって、僕は自分の指をぼんやりと見ていた。
 なんだか濡れている。
 ふんふんと匂いを嗅いでみる。
「このバカっ! 嗅ぐなっ!」
 よくわからない匂いだが……まさか。
 僕はぐっと喜多を押さえつけた。
 そしてじっと喜多の下着を見つめた。
 白い下着だが、股間の部分が濡れているせいで色が変わっているのがわかる。というよりも、うっすらと透けて包み込んでいるものがなんとなく見えている。
 これはエロい。
「喜多さん……濡れてる」
「ああん?」
 どうやら喜多自身は気づいていないらしい。
「だから濡れてるって言ったんだ」
「なにが?」
 僕は声をひそめて喜多の耳元でささやいた。
「喜多さんのア・ソ・コ」
「はっ!?……ぅぅうぅ」
 喜多の顔色がいっぺんに変わった。茹蛸よりもまっかっかだ。
 予想もしていなかった僕の言葉に、絶句して口をぱくぱくさせて、うめき声ともつかない音を喉からだしている。
「なっ、なっ、なに言ってんだよテメェ! わけわかんねぇこと言ってんじゃねえっ! なんであたしがぬ……濡れなきゃならないんだよっ!」
 途中口ごもったものの、羞恥心よりも怒りが勝ったらしい。
 論より証拠だ。僕は喜多の股間に指を伸ばした。
 狙いはもちろん染みになっている部分だ。
 くちっ。
「ふぁっ!」
 びくりと背筋をそらせ、喜多が甲高い声をあげる。
 自分がだした声に驚いている喜多の眼前に、僕は濡れた指先を突き出した。
「ほら。これ見てみなよ」
「こ、こんなのお前のインチキに決まってるだろ。あたしは信じないぞっ!」
 現実を受け入れられない喜多が頭をぶんぶん振ってわめく。
 僕はもう一度喜多のあそこに指を伸ばした。
 今度は濡れて薄く透けている布地に浮かび上がっているラインにそって指を這わせる。
「……っあぁぁっ」
 唇をかみ締めてなんとかこらえようとするものの、かすかな嬌声が喜多の口の端から漏れる。
「僕の指見て。濡れてるだろ」
「ちくしょう……なんで? 」
 普段は強い意志の光を宿している切れ長の瞳にうっすらと涙を浮かべて、喜多がつぶやいた。
 それは僕に対する問いではなく、純粋に不思議だったのだろう。自分の体なのに自分に理解できないことが。
 以前なにかで見たか、聞いたかしたが、人間の脳は不思議なもので苦痛や恐怖、羞恥などの負の感情がある一定レベルを超えると、それに対抗するために、それらの感覚をわざと快感に誤認するらしい。そうすることによってその己の精神の安定を守ろうとするのだそうだ。
 おそらく、今の喜多にもそれに似たことが起こっているのだろう。
 わけのわからない状況から自分を守るために、脳が誤作動を起こしたのだ。
 だが、僕はそんなことを言うつもりはまるでなかった。
 現在僕の心を占めているのはただひとつ。喜多をもっといじめてやりたい。


進む
戻る

作品選択へ戻る