「部長のお尻の穴、凄く美味しいです」
 美春の理性は、その言葉で溶けて無くなってしまった。ただ恋人の舌の感触を受け入れ、悦ぶ。
「はぁぁ、お尻……なのよ。でも、気持ちいいのぉ」
 山中の舌がぐにぐにと美春の内側に侵入して、掻きまわす。美春は内側を舐め回され口をぱくぱくさせて喘ぐ。
「くぁあっん。だめよ……んはぁ、こんなところで感じちゃ……ぁん」
 たらたらとよだれを零し、うっとりと喘ぐ美春。言葉と表情がまったく一致していない。美春のふとももは秘所が垂らす淫らな蜜でベトベトになってしまっている。
「くぅっ!」
 美春はきゅっと唇を噛み締め必死で耐えた。山中の中指が根元まで美春のすぼまりに突き刺さったのだ。括約筋が山中の指を食いちぎらんばかりに締めつけ、咥えこむ。
「ぬ……抜いてぇ」
「ダメです」
 体を起こした山中が美春の耳に息を吹き込んだ。美春は上と下を同時に攻められて、ぞくぞくと全身の毛が逆立っていくのを感じる。
「部長、こっち向いてください」
「ん……ふぅ、はぅっ……ひあ」
 もはや上司としてのプライドも消え失せたのか山中の言うとおりに行動することしかできない。
 美春の唇に吸いつくと、山中は美春の中に沈めたままの指をぐりぐりと回転させる。
「ひっ、ひっ、く……はっ、お尻が、指が……」
 指が動くたびに美春は悲鳴を上げ、はしたなくお尻をくねらせ、よがり声をあげる。
 山中は巧みに入り口を引っ掻きまわして美春のすぼまりをじわじわと拡張していく。
 当初は、苦痛のほうが強かった美春だが、今では指が動くたびに、甘い声を上げ、上下の口からたらたらとよだれを零している。
 しばらく感触を確かめるように指をピストンさせていた山中が指を引きぬいた。
「ひうっ!」
「そろそろ、いいですかね」
 蕩けきった美春の頭にその意味は伝わらない。初めから美春の返事は期待していなかったのか、山中が美春の僅かに口を開いた小さなすぼまりに自分のものを押し当てた。
「いきますよ」
 山中は力強く自身の欲望を美春の体内に侵入させた。止めることなく、ずぶずぶと肉を掻き分けて奥深くまでえぐっていく。時間をかけて美春のむっちりとしたお尻に山中の腰が密着した。
「ひっ、ひぃぁあっ……くぁ……ぁあ」
 今まで一度足りとも遺物の進入を受けたことの無い部分に熱い塊を受け入れて美春は口をぱくぱくさせている。
「はひっ……ひぐぅ、っん」
 美春の括約筋がきゅうきゅうと山中を締め付ける。あまりの締め付けの強さに山中は満足に動くこともできない。美春の腸壁が妖しく蠕動して山中のペニスの表面をマッサージする。
「部長、もう少しお尻の穴緩めてください。このままじゃ動けません」
「あっ、はぁっ。私の……くぅぅ、お尻にっ、入ってるの……?」
 熱い塊をお尻の中に感じながらも美春は尋ねずにいられなかった。美春の性知識にはアナルセックスという言葉は無かったため、本来なら行なわない、タブーを犯したという罪の意識が沸き起こる。
「そ、そんなっ、ところに……入れちゃダメぇ」
「入ってますよ、僕のが。でもきつすぎます、緩めてください」
「そんっ、なこと言ったって……どうすればっ、んんっ、いいのかはぁっ……。う、動かないでぇっ」
 山中が身じろぎする程度の動きでも今の美春には異常な刺激となって伝わる。気持ち良くなどないと思いこもうとするが、固いペニスの熱が腸からじわじわ伝わって快楽に変化していく。
 いけないことだと思えば思うほど、体が芯から熱くなる。
 美春に頼んだところで埒があかないと悟った山中は、右手を美春の胸に、左手を割れ目に伸ばした。
「じゃあ、自分で何とかします」
 山中が固くしこっている美春の乳首とクリトリスをきつく摘み上げた。
「ひはぁあああああっ!」
 剥き出しの性感帯を刺激されて美春はあっさりと絶頂に達した。その瞬間、肛門は今まで以上の力で山中を咥えこんだ。肛内が激しくうごめき山中に激しい快感を与える。しかしそれは一瞬のことだった。
「はぅん……へはぁあ……」
 美春は放心しきってぐったりして全身の力が抜けている。そうなるとお尻の締めつけも多少は緩くなる。
 狙い通りの結果となった山中はゆっくりと腰を使い始めた。後ろで欲望の塊が動くたびに、美春の美しいピンクの秘裂からぴゅくぴゅくと愛液が噴き出す。

「あっ……あっ、まだ動かないれぇ、ひぁん、力がはひっ、はひらなひのぉ」
「力が入ってないから動けるんじゃないですか」
 イッたばかりの敏感な体に暴力的なまでに快感を与えられて、美春は山中に翻弄された。なにかに耐えるように固く目を閉じ、舌足らずな声で喘ぐ。
「はっ、んぁっ! ふぁあ……わらひ……おかひくな……るぅ」
「おかしくなっていいですよ。お尻の穴でおかしくなってください」
 次第にこなれてきたのか、美春の穴は滑らかに山中の肉棒を出し入れするようになった。
 粘膜がこすれる音が結合部から聞こえてくる。その音が美春をさらに悦楽の渦に巻き込んでいく。
「お尻のっ、穴……ひぅっ! 気持ちっ……へひぃ、あっ、んあぁ」
 白痴じみた表情で喘ぐ美春。纏めてあった髪の毛がほつれ、唇の端にかかる。がくがくと揺れるせいで眼鏡はとっくの昔に顔から擦り落ちてしまってどこかにいっている。
「お尻なんてぇ……。はひぃ……あぁん、そっ、そんな、ふぁっ、まるれ変態みたいなっ……っん、ことぉ」
「アナルセックスで感じる部長も素敵ですよ」
 山中の褒め言葉など今の美春に聞いている余裕はない。これまで感じたことのない圧倒的な量の快感が美春の体を支配していたからだ。ただ、全身を震わせて山中が達するのを待っている。
 楚々としていた美春のお尻の穴は皺が広がりきって、必死に男のものを咥えこんでいる。抜き差しされるたびに引き摺られるように穴がペニスにまとわりついた。美春本人の意思とは関係なく貪欲に、より深く、より長い間そのすぼまりにペニスを飲み込んでいたいらしい。
 体の中に侵入されるたびに、美春の全身を貫くような激しい快感が襲う。山中の腰が叩きつけられ、美春の意識が引き裂かれていく。
「ひぎぃ、はっ、あっ……お尻が、おひりが壊れちゃうぅ」
「ぶ、部長。僕ももうすぐいきますよ」
 山中の手が美春の胸を蹂躙する。乳首を摘まみ、乳輪を引っ掻き、美春の体に快感を刻み込む。
「んくぅっ! ……ひぃ、んっ! んんっ、らめ……もう待てなひっ! んぁっ、ひぃん……はっ、あんっ! お尻で、イッちゃぅぅっ!」
 美春はお尻をぷるぷる振るわせ、むせび泣いた。
 じょじょに山中が腰の動きを早めだした。どうやら山中も限界が近いらしい。今まで以上に腰が激しく動かされぐぽぐぽと淫猥な音をたてる。
 呼吸をするたびに、自分が出しているとは思えない声が美春の耳に届く。ペニスが引かれるたびに、体の中身をすべて持っていかれそうになり、押しこまれるたびに自分がどこかに行ってしまいそうになる。
「いくっ! 部長! イキます!」
 ぺちぺちと美春の尻に山中の腰がぶつかる音が加速する。
 山中が美春の背にのしかかるようにして腰を打ちつける。それを支えきれずに美春はデスクに押しつけられた。二人分の体重とデスクに挟まれ、美春の胸が潰されて形を歪める。その痛みさえ今の美春には快感として伝えられる。
 今までで一番深くまで入ってきた山中のものが一瞬膨れあがったかと思うと、欲望の証を美春の腸内に吐き出した。びゅくびゅくと濃い粘液を美春の中に大量にぶちまけていく。
 山中は射精しながらも腰を動かし、美春を責めたてる。
「ひっ! はひぃっ! 山中っ……熱い、熱いのぉ! ふあっ、山中ぁ! んっ、いっ、イクぅ、おかひくなるぅぅぅ!」
 美春は絶叫とともに背筋を仰け反らせ、びくびくと激しく痙攣した。真っ白になった頭でなにも考えずに喘ぎ、ただ山中の精液を受け止める。
 美春は糸の切れた人形のようにくたりと机に倒れこんだ。目を閉じ、荒い息づかいをしている。ときおり、びくりと大きく腰が跳ねあがる。快感の残滓が残っているのだろう。
 幸せそうな顔で余韻に浸っている美春の中では、欲望を吸い尽くされた山中のペニスが、ひくひくと動くアヌスの余韻に浸っていた。
 長い射精を終え、山中が美春のアヌスから硬さを失ったものを引き抜いた。名残惜しそうにどろりと糸が引く。
 それをきっかけに美春は気を失った。体内から恋人が去っていったことで、気が抜けたのだろう。
 穴はぽっかりとだらしなく開いたまま、美春が呼吸をするたびに淫らにひくひくと収縮を繰り返している。
 山中は精魂尽き果てている上司の頬を優しく撫でてやる。
「愛してます、部長」


進む
戻る

作品選択へ戻る